竹の子の会/竹の子ようちえん
竹の子の会/竹の子ようちえん

室内遊びの人形劇

猫のミーが神社に行くと大きな松の木に

縄が巻かれていました。

木の中に誰かが住んでいます。

すると縄がするするとほどけて、

中からキツネが一匹出てきました。

ミーは大急ぎで穴の中に隠れました。

松の木から次から次にキツネが出てきました。

「おや、猫の匂いがする。」と言ってミーが隠れた穴に

近づいてきました。

「出ておいで。」「一緒に遊ぼう。」

ミーとキツネたちが遊んでいるとミーの母さんの声がしました。

「ミーちゃん、ご飯よー。」

その声を聞いてキツネたちはあっという間に松の木に

帰ってしまいました。

「あら、ミーちゃん、一人で遊んでいたの?」

「ううん、違うよ。キツネさんと遊んでいたんだ。

あの木の中がおうちなんだって。」

ミーと母さんが帰った後、白い縄が巻きつけられた

松の木が一本、寂しそうに立っておりましたとさ。